ライブハウス

ライブハウス探訪譚 01.下北沢GARAGE

ライブハウスの話を、しようかしらー、なんてー。

まぁ、けっこう偏ったところにばかり行きまくってるので、ぜんぜん一般的じゃないのかもしれないんだけど。でもさ、とにかくいちばんはこのハコを書かないわけにはいかないよね! 下北沢GARAGE。みんなのおウチ!! 溜まってる人(演者も客も)多すぎるヽ(´▽`)/

そう、私にとってもガレージに行くのは呼吸するようなものなんだけど(マジで)。でも去年の夏にROCK IN JAPAN FESで知り合ったワンオク&ミスチル好きのお姉さまは「下北とかのライブハウスに行ったこと無い! AXちっちゃい!」って言ってらして。私は激しくカルチャーショックを受けたわけですが…。そりゃあ、ワンオクもミスチルも、やらないですものね…。私だって、好きなバンド(FoZZtone、LUNKHEAD、ザ・チャレンジ、最近ではplaneもよく使うし他にも多々…)のホームがここに集中してたから、こんなことになったわけで…(゚ー゚;

私にとっても、改めてライブハウスの色んなことを確認していく過程に出来ればよいなぁと思っています。とりあえず、基礎情報とか、普段気にしていない事も調べてみまして! (※2013年1月現在)

オープン:たぶん1994年(そこまで古くはない、かなぁ)
キャパ:200人
ロッカー:10コ(200円)
ドリンク代:500円(全部、缶とか瓶とかペットボトルのやつ)

他、なんかあるか…? ガレージ行き過ぎて、もう何が特記事項なのかすらよく分かんないというこの状況よ…。事務所(チケット、CD等販売)兼楽屋が2Fで、ライブハウス自体は地下1F。お客さんの入場口と、出演者・機材の搬入口が一緒なので、出演者が多いイベントでは割とバタバタしてますが、その辺はスタッフさんが誘導してくれますです。トイレ(1コ、お客さん専用)がまたその入場口付近にあるからね、ちょっとごちゃっとしちゃうのねー。

010

↑それで、ハコのチケットはこんなカンジです。この絵がなんなのかは、私のような若輩者には計り知れない何かがあるんじゃあないでしょおか…。これはメール予約(公演によります、メール予約でもちゃんとしたチケットを用意してくれている場合もあります)ですとか、当日券の入場ですとか。まぁ、なんかふわっとした公演は全部コレです!

012

↑ちゃんと印字されてるのもあります。かつ、これはまだ未使用なので、半券(下)とドリンクチケット(上)がもぎられる前の状態です。チケットの形状自体は、上のふわっとバージョンと一緒です!

あと、いちばん凄いのは、スタッフさんが個性豊かってゆうか、なんかもうよく分かんないんだけど凄いってゆうか…。やっぱさ、おおはしさんにカオと名前と、誰のファンなのかを憶えて頂いてるとさ、それであんなにフレンドリーに話かけて頂けるとさ、やっぱ行き易いよね! わかばやし店長の応対も流石ですし。

だから、けっこう内輪ウケみたいなイベントもやってて、正直そういうイベントに初心者1人で乗り込むと色々と辛いと思うの! 私もザチャレに通い出した当初は、ちょっと所在なくて1人でめげそうにもなった\(^o^)/ その場の共通言語を知らない感じがしてね…。実際、知らなかったし。今年の初めに新年会行ったけど、あれこそ一見さんはキビシイ! てゆーか、私でも1人で行くのは躊躇する難易度!!

ではどうすりゃいいのかって、ひたすら行きまくるってゆうか…;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ いや、当たり前だけど、最初にライブハウスに行くのなんてそこに好きなミュージシャンが出てるからってだけだし! 私だってそうだし! そしたら何かすごく大切な場所になっちゃったってゆうか、好きな音を更にそこで見つけられたというか…。当たり前なんだけど、なんか不思議。

でも何を言ってもさ、ライブハウスなんていつだって誰にだって開かれている楽しい場所なので。こうゆうトコあるよー、こうゆうトコあったんだーみたいなノリでちょろちょろ書いていけたら良いです。私もガレージ以外は、正直よくわっかんないしね! そうゆう場所をもっと自分でも色々確認していければ幸いです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)