« 徒然漫画語り―其の九十九・岩舘真理子『黄昏』 | トップページ | 徒然漫画語り・其の百一―かわみなみ『シャンペン・シャワー』 »

徒然漫画語り・其の百―八木教広『CLAYMORE』

すごい…
すごい久しぶりに書くんですけど…えっと…割と元気に生きてました(;;;´Д`)

それはさておき!!

ああ…完結したんだなぁ、と。
この作品を知るきっかけはTVアニメの放映時期で、深夜アニメを見ていたのなんて学生時代なわけで、そんな昔か…と愕然としている次第です。長い付き合いになった……。

まるで何の救いも用意されていないような当初の展開から、こんな穏やかな結末に辿り着くとは。〝ダークファンタジー〟と銘打たれ、主人公は半人半妖の女性戦士たちで、だけど実はものすごく〝友情・努力・勝利〟な少年漫画の大王道だったんだなぁ、と最後に思わされたのです。そしていつの時代も、そういう作品は爽快なのね。途中は本当にしんどい時期もあったけど、だからこそ報われてあって良かったなと。物語の結末は、幸せであれ。

|

« 徒然漫画語り―其の九十九・岩舘真理子『黄昏』 | トップページ | 徒然漫画語り・其の百一―かわみなみ『シャンペン・シャワー』 »

徒然漫画語り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567493/60844592

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然漫画語り・其の百―八木教広『CLAYMORE』:

« 徒然漫画語り―其の九十九・岩舘真理子『黄昏』 | トップページ | 徒然漫画語り・其の百一―かわみなみ『シャンペン・シャワー』 »