« 徒然漫画語り其の九十五―石川雅之『もやしもん』 | トップページ | 徒然漫画語り・其の九十七―坂本眞一『イノサン』 »

徒然漫画語り・其の九十六―佐藤史生『緑柱庭園』

ならびなき帝国モルディガールの女帝シルドゥーン。
女帝を守り死した近衛隊長ジュマルの息子カイルロッド。
カイルロッドと兄妹の如く育った女帝の愛娘シルドラ。

愛と憎しみは共にある。
深い愛が呼ぶのは、救い難き憎悪。

「愛している」と呼ぶ声に。

喚起されるのは肉を裂く刃。


…佐藤史生さんという作家さんを初めて知りました。何故、今まで巡り合わなかったのか。名前も知らなかった、失礼且つ不思議。でもおそらく、今が読むべき時だったんだろうなぁと思います。

物語は筋が通っていないとならないんだろうけれども、実際は単純に説明できるはずもない世界であるからにして。不条理と悲しみに満ちた物語は謎を問いかけたまま私の心を離さないのです。

|

« 徒然漫画語り其の九十五―石川雅之『もやしもん』 | トップページ | 徒然漫画語り・其の九十七―坂本眞一『イノサン』 »

徒然漫画語り」カテゴリの記事

コメント

Do not rush/push me.

投稿: fifa 15 | 2014年7月22日 (火) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567493/59898988

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然漫画語り・其の九十六―佐藤史生『緑柱庭園』:

« 徒然漫画語り其の九十五―石川雅之『もやしもん』 | トップページ | 徒然漫画語り・其の九十七―坂本眞一『イノサン』 »